赤ちゃんは胎児仮死し、母親は大量出血で死亡してしまった。


医療機関の投与ミスによって分娩時母子ともに死亡する悲惨な事件

つまり、経膣分娩をする場合、赤ちゃんの頭が母体の骨盤を通過するかどうかはギリギリだというのです。担当のC医師は、骨盤のレントゲン写真を撮り「大丈夫」と判断し、この妊婦に陣痛促進剤を使用します。その後、B子さんにはとても強い陣痛が起きます。付き添っていた実母の手がひきちぎれんばかりに引っ張り痛みを訴えていました。そうこうしているうちに、赤ちゃんの心拍(心音)が悪くなり、胎児仮死という判断で緊急帝王切開となります。

生まれた赤ちゃんは小児科の医師が「後遺症が残ることを覚悟してください」という状態でした。B子さんには、その後子宮からの出血が続きます。C医師の表現によるなら「土管から水が溢れ出すような状態」だったというのです。B子さんはその出血が続き亡くなります。さて、このケースでも証拠保全を行いました。私が裁判官に同行しました。最も見たかったのは、もちろん入院後のB子さんの分娩監視装置のグラフ(胎児心拍陣痛図)です。陣痛はどういう様子だったのか、胎児の心拍はどうなっていたのか。

医師や看護師の手書きした記録でなく、客観的データである機械の出力するグラフで知りたかったのです。私は、「分娩中に過強陣痛が起き、それにより胎児は低酸素の状態にさらされて胎児仮死となり急速遂娩となった。そして、母体の子宮は過強陣痛のため疲れ切り、分娩後起きるべき子宮収縮が起きなかった。このため子宮の血管が塞がらず出血が続いた(弛緩出血)」と見当を付けていました。したがって、私にとって最も重要なものはB子さんに過強陣痛が起きたかどうかの客観的データ、即ち分娩監視装置のグラフなのです。
マッサージは体が疲れたあとに行くものだと思い込んでいましたが、藤沢 指圧 整体のサイトを見たら、繁忙期や大事な予定の前に体の体軸修正を行い快適に事を運べる、と書いてありました。
会社帰りに気軽に立ち寄ることができる三鷹全身マッサージによく行っています。東京都武蔵野市中町のビルの地下一階にあり、駅のすぐ近くなのでとてもわかりやすいです
必ず発症するわけではない自然治癒もするB型肝炎ですが、知らないうちに誰かに感染させてしまうことのないよう、病院できちんと検査したりして自分の状態を把握しておきましょう!
ネットで評判の赤坂 歯肉炎 歯周病治療の歯科医師を訪ねてみたら、これが評判通りの素晴らしいところでした。診察も丁寧ですし、何より病院が駅から数分の場所にあるので、便利です!


What's New
2014/08/21 オススメ記事を更新しました。
2014/08/17 新着記事を更新しました。
2014/08/16 免許制度の改善を更新しました。
2014/08/13 重大な精神的苦痛を更新しました。
2014/08/11 医師に対する行政処分を更新しました。
2014/08/09 グラフについてを更新しました。
2014/08/08 医療機関の投与ミスによって分娩時母子ともに死亡する悲惨な事件を更新しました。
2014/08/05 ホームページをリニューアルしました。

他サイト紹介
ナースフルe-ナースとらばーゆ看護
リクルートが開いている看護師求人情報サイト。各地域担当のアドバイザーが転職をサポート。20年の実績があり、全国の医療機関の看護師求人採用をサポートするサイトです。女性ための看護師求人サイト。登録不要で看護師・助産師・保健師などの求人を紹介しています。